震災後注目を浴びる自動車保険の地震・噴火・津波全損時一時金特約

2012年初頭より大手損保で発売がはじまっている自動車保険の地震・噴火・津波全損時一時金特約が中奥を浴びています。これは通常の車両保険では、地震や噴火、津波による損害の保険料が支払われないため、東日本大震災の影響もあって、この特約へ加入する被保険者が増えているのです。確かにあれだけ多くの車が津波で流されて破損したり使い物にならなくなった映像を目の当たりにすれば、なんらかの形で有事に保障のうけられる保険に入っておきたいと思う加入者が増えるのも当然のことといえます。この特約の特徴は、車両保険の契約金の上限を50万円としており、契約金額が50万円の場合には年間保険料は5000円に設定されており、比較的加入しやすい金額となっています。


スケルトン名刺

「素顔のままで落ちないメイク」はこちら。

韓国ドラマDVDが人気を集めています

京都、滋賀のリフォーム会社の口コミ、評判をご紹介!